大常木谷遡行 2010年6月13日

久しぶりの大常木でしたので、備忘録を兼ねてひとつの記事にまとめておきました。

2010年6月18日 silvaplauna

Mehr von diesem Beitrag lesen

大常木谷遡行


山女淵を越えて

大常木谷は多摩川の渓谷美の極みであり、昨日(13日)は5年ぶりにこの谷を会所小屋跡まで遡行した。

この谷の遡行記録はいろいろあるので、ここでは写真の掲示にとどめます。


早川淵のゴルジュ


不動滝上の斜瀑帯


会所小屋跡にて

大常木谷 千苦の滝


大常木のこの滝は千苦の滝と呼ばれる。江戸時代にこの谷の奥で伐採が行われたときに、切り出した木をこの滝の落ち口から落下させては木が傷んでしまうので、人足達は大変な苦労をしてこの滝を迂回させて伐採した木を下流に運んだそうである。そこからこの滝は千苦の滝(セングの滝)と名づけられたそうである。

2010年6月13日 撮影