唐松尾山 夏焼尾根、夏焼澤枝澤、中休場尾根下降 2006年5月4日

2006年5月4日 唐松尾山 夏焼尾根、夏焼澤枝澤、中休場尾根下降

さて、先日登った夏焼尾根の完全版を掲載します。いまいち出来が悪い写真は省スペースの見地からボツにすべきと判断して掲載しなかったのですが。いまいちの写真からでも山の雰囲気は伝わると思いますので敢えて掲載しようと思います。それに夏焼尾根は自分なりにかなり思い入れのある尾根ですので、漏らさずに全て書いておこうと相成りました。

Mehr von diesem Beitrag lesen

Advertisements

唐松尾山 夏焼尾根 2006年5月4日

一昨年の初夏は、田島勝太郎氏の奥多摩にも書かれている夏焼尾根を求めて、唐松尾南山腹を彷徨った。結局いまだにどれが夏焼尾根なのかは解らない。なにしろ小尾根がたくさんあるのだ。今日は午後2時半過ぎに中川橋を出て、唐松尾山だけ行ってきた。
針葉樹の香りが、私を蘇生させてくれる。

中川橋 澤沿いのルートを辿る
20分
二俣 藪尾根を登る
40分
上部巡視道 さらに藪尾根
35分
唐松尾山頂到着 
15分
主脈最低鞍部 夏焼澤枝澤を下降 
10分
上部巡視道 
15分
中休場尾根 下降
25分
中川橋帰着

時間は写真撮影、休憩を含めての時間です。ルートに慣れて、軽装での時間ですので、一般の方の参考にはなりません。

5ヶ月ぶりの水源の山、唐松尾(2109m)  2009年6月21日

記憶では1月18日に出かけて以来、5ヶ月間も多摩川水源に来なかった。今年は冬場に戸倉や大岳の沢で岩登りのトレーニングしていて、一之瀬にやってくる時間的余裕がなかったのだ(ハセツネ30kや青梅高水の試走等も一之瀬にやってくる障害になっていた)。

Mehr von diesem Beitrag lesen