一之瀬高橋、白沢峠、斉木林道(笠取林道)、倉掛(鞍掛山)、石保戸山、犬切峠から藤尾山往復、

一之瀬高橋

一之瀬高橋は隠された山里といった感じが強いところである。大学4年生の冬、初めて一之瀬に落合から入ったときに、分岐で右に犬切峠に行くべきを間違えて、左に一之瀬高橋に入ってしまった。一之瀬高橋は厳しい冬に閉ざされたところで、バラックのような粗末な家屋が並び、未舗装の道は凸凹していて、氷が張った深い水溜りもあったりして、あたかも東北か北海道の寒村にでも来たような印象を受けた。

Mehr von diesem Beitrag lesen