クドレ沢左俣遡行、右俣下降 2008年12月20日

さて、この秋、クドレ沢に通うのは、これで四回目となる。四回目の正直で、今回、何とか無事に左俣を遡行し、右俣を下降できた。同じところに何度も通うのは、飽きるかもしれないが、個人的にトレーニングの意味があるので、ご容赦願いたい。


一番手前が徳兵衛滝の門番滝・・過去二回は、水温が低かったので水を浴びながら水流の右側を登ったが、今回は、さすがに冷たいので左を登る。
登ってみると左のほうが容易であった(3級下)。単独なので、より危険性の少ないルートを登ったほうが安全であろう。

Mehr von diesem Beitrag lesen

日陰澤(クドレ沢)から大岳山直登ルートを求めて

日陰沢(正確には日陰沢本流右俣)を遡って大岳山に登ろうというのがそもそもの、動機でした。
この澤は冬枯れ時が取り付きやすく、夏場は草におおわれて難儀しそうです。

さて、説明の便宜のために尾根筋に名称を付けておきます・・。

日陰沢をとりまく全体の概念図(日陰沢本流右俣上部をとりまく尾根)

Mehr von diesem Beitrag lesen

クドレ沢 右俣  2008年11月23日


中間尾根の登り口、杉の木に巻きつけられていた赤テープ

Mehr von diesem Beitrag lesen

クドレ沢 左俣  2008年11月30日

写真のみいくつか貼っておきます。


奥の滝が有名な徳兵衛滝

Mehr von diesem Beitrag lesen

南秋川矢沢支流 軍刀利沢の沢歩き 2009年6月14日

手ぶらで気ままに遡行できて風景もそこそこよい沢はないかな?と、小坂志や矢沢あたりを物色しましたが、結局これが目にとまり行って見ることにしました。

Mehr von diesem Beitrag lesen

鈴ヶ尾沢遡行、障子岩沢下降 2007年1月1日

今日は、膝の回復のために見晴らしのよいところをランニングする筈でしたが、ランニングはいつでも出来ますので、昨日、富士見台に登った時に気になっていた障子岩沢を下降しました。登りはいつもどおり、鈴ヶ尾澤にとりました。

Mehr von diesem Beitrag lesen

鈴ヶ尾沢遡行、障子岩沢下降 2008年1月29日


ゴルジュの突破はバックアンドーニーで、

Mehr von diesem Beitrag lesen

ハナネコノメ

日曜日から運動できない状態が続いていて、今日はすこしだけ運動に出かける。
とはいうものの、日の出山に駆け登る気力はなし、青梅の日向和田に梅の花を観に行こうと出かけたけれど、車を停める気になれず、御岳駅前まで行って還ってくる。・・ガソリンの無駄使い、運動するはずがドライブになってしまった。

結局、五日市に戻り、深沢地区にハナネコノメを観に行く・・。
寒い日が続いたためか?あまり開花してはいない。

その後、横沢入りで軽くジョグ、一番心安らぐのは、昔ながらの横沢入りであるようだった。
横沢には、もう高校生のときからなので十分に飽きているけれど、ホームなので一番気持ちが落ち着く。

毎日、毎日、よい状態に心身を保つのはたいへんです。

2009年2月25日 掲載記事

梅ノ木峠 夕景

2006年7月13日 撮影

入山峠から三国峠の往復

このルートの特徴は、アップダウンが連続する事、とくに、往復ルートの場合、帰路も、最後まで、アップダウンが続く事になるので、相当搾られる。僅かな平坦部分は、吊り尾根の一部と、三国峠手前ぐらい。


吊り尾根の風景

Mehr von diesem Beitrag lesen