クドレ沢左俣遡行、右俣下降 2008年12月20日

さて、この秋、クドレ沢に通うのは、これで四回目となる。四回目の正直で、今回、何とか無事に左俣を遡行し、右俣を下降できた。同じところに何度も通うのは、飽きるかもしれないが、個人的にトレーニングの意味があるので、ご容赦願いたい。


一番手前が徳兵衛滝の門番滝・・過去二回は、水温が低かったので水を浴びながら水流の右側を登ったが、今回は、さすがに冷たいので左を登る。
登ってみると左のほうが容易であった(3級下)。単独なので、より危険性の少ないルートを登ったほうが安全であろう。

Mehr von diesem Beitrag lesen

Advertisements

日陰澤(クドレ沢)から大岳山直登ルートを求めて

日陰沢(正確には日陰沢本流右俣)を遡って大岳山に登ろうというのがそもそもの、動機でした。
この澤は冬枯れ時が取り付きやすく、夏場は草におおわれて難儀しそうです。

さて、説明の便宜のために尾根筋に名称を付けておきます・・。

日陰沢をとりまく全体の概念図(日陰沢本流右俣上部をとりまく尾根)

Mehr von diesem Beitrag lesen

クドレ沢 右俣  2008年11月23日


中間尾根の登り口、杉の木に巻きつけられていた赤テープ

Mehr von diesem Beitrag lesen

クドレ沢 左俣  2008年11月30日

写真のみいくつか貼っておきます。


奥の滝が有名な徳兵衛滝

Mehr von diesem Beitrag lesen

晩秋の山

「甲武相山の旅」 2008年12月9日 掲載記事 12月7日 撮影

今回一緒に登ったマカニ・トモさんとは前々からどこかにご一緒しましょうとお話ししていたのですが、トランスジャパンも終わり、筑波マラソンも終わり・・先日ようやくその機会に恵まれました。


遠景は御前山(1405m)


沢沿いには、まだ紅葉が残っていてくれた。


この日は空が青く、その強烈なコントラストにしばし見とれる。