☆ トレイルランニングの虚構性とトレイルランニング第二スポーツ論

・・・ここにトレイルランニングの虚構性は暴かれず、永続するわけであるが、私のような醒めた第三者からすれば、登山の本流からは異端で、大会依存性の強いトレイルランニングのブームは、宣伝広告によりシナリオ通りに作られた虚構性の強い世界であると認識される。(しかし、それに参加している競技者たちは、現実を直視しようとせず、仲間とともに住み心地のよい仮想現実に安住することを好むのである。彼らにとって、私のようにものを語ることは、トレイル仲間への裏切りであり、レース仲間から白い目で見られることを覚悟しなければならない。彼らは一種のカルトなのである。)

Mehr von diesem Beitrag lesen

Advertisements

☆ 「登山の自由」と「トレイルランナー」の従順さ~トランスジャパンアルプスレース雑感

「甲武相山の旅」にて、2008年8月9日に書いた記事です。個人的にはかなり思い入れのある好きな記事です。

以前書いたことであるが、登山は自由なものであって、・・というよりも登山をやろうとする人は、自由を追い求めて、登山を始めた人がほとんどだと思う。

ローツエ南壁で死んでしまった当時ラインホルト・メスナーに匹敵する実力ある登山家 ポーランドのイエジ・ククチカは、6ミリザイルしか使わなかったそうだ、6ミリザイルに、命を託し、そこに自由を見出していたのかもしれない。

もっとも、自由といっても最低限のマナーはある。ゴミを捨てないこと、山林や動植物を大切にすること、細かいことでは、登り優先だとか、山の挨拶などなど・・。

でも、その束縛は少なくって究極的には、自分の実力以上の山に入って、山で遭難死してしまうことさえも山の自由のひとつであろう。

トレイルランニングも、山登りの一形態と思うから、トレイルランニングも自由であるべきであろう。(注 これは私の以前の考え方、いまは、競技スポーツとしてのトレイルランは、登山ではない、と考えています。) 
もっとも、トレイルランニングには競技大会がつきもので、競技大会には、いろんな規則が必要になる。

でも、私には、そんな競技会は、自由への桎梏以外の何者でもないと思える。
競技会に参加するトレイルランナーは、「従順」だなって感じる。

トランスジャパンについては、ルートを引くにしても、富山湾と、駿河湾を結ぶラインは、大会規定のルート以外にもたくさん考えられよう。
山にしても、私に言わせると、中央アルプスは、省略しても良いから、八ヶ岳を入れたほうが良いとか、色々いいたくなる。

競技会に参加するトレイルランナーは、従順だと書いたが、視点を変えて、実は彼らはそれほど、山に自由を求めていないのかもしれないと考えることもできる。

・・だとしたら、彼らは、そんなに山を愛するものではないといえよう。
彼らが愛するのは、山そのものではなくって「山を舞台にしたレース」である。

以前、山と渓谷のクロニクルで、積雪期の南アルプスを一月以上かけて、テントや食料やら50キロ以上背負って単独で全山歩くといった紀行があった。

この人は、そういった行為をレースとかに関係なく、自分でやってみたくって、挑戦したくって実践されたのである。

そういう視点から見ると、トランスジャパンに参加される選手は、(自発的にではなくこのような大会があってはじめて日本縦断を試みようとしたかたがほとんどであると思われるので)レースという大会に依存している点で、酷な表現であるが主体性において、「見劣り」がする。

極端な話し、2年後に、もしこのレースが開催されないと仮定しよう、それでも、自発的に日本縦断に挑戦してみよう!という方はどのくらい現れるだろうか?

山登りはもっと自由なものだ、トレイルランニングが山にレースを持ち込んだのはまだ、容認できるが、レースを通してしか、山を考えることができない、レース主催者の引いたラインの枠組みでしか、山と向き合えない若者を生み出すことになったとしたら、悲しむべきことだと思う。

山は自由なものだ。日常性の束縛から解放される・・。私にとって山の本質はそこにある。そう、私にとって、山は一種の「解放区」となっている。

レースという枠組み、競技といった形式を通じてしか、山と向き合えない者は、もっと、自分自身の考えを自由なものへと解放することを知るべきだろう。

山岳というものは、レースよりも遥かに豊かなものを貴方に与えてくれると思いますよ・・。

TJAR選手の手記から読み取るべきもの・・。

僕は、有名選手の「手の内を暴く(別な表現をするならば、「マジックのネタ晴らし」と言えよう)」のが好きなのか?心が自然と、日本山岳耐久レースで行ったことと同じ事をトランスジャパンでもやってみようとしているようだ。

ただ、私はこのレースにあまり関心がないので、ポイントのみにとどめておこう。「ウルトラマラソン」と、「軽装、小屋頼り登山」の延長線上にトランスジャパンがあるというのは、たぶん正鵠を射ていると思う。公式ブログで、有名な、オリエンテーリング団体の指導者である村越氏が、今回のレースの選手たちをものすごい表現で褒めていたが、あの文章はどうかと思う。

「選手のみなさんは登山界(トレラン界?アウトドアアスリート界?)の誇りであり宝です。私自身も含め、多くの人がみなさんのレースにインスピレーションを受けたことでしょう。北アルプスでも、何人もの「見学」の人がいたことを見聞きしました。」

「違和感」、時には「反感」すら感じるのは私だけではあるまい。されど、まぁ、とやかくは言うまい、人それぞれに見識というものがあり、今回のレースをどう評価するかというのも人それぞれなのだ。わたしは、けして、村越氏のように、手放しで絶賛するということはしません。
ついでに言うと、今回の公式ブログでは、山耐の講師を務める田中正人氏の影響を受けた方のコメントもあり、山耐の組織における田中氏の影響力が現れてきた感じである。これについては、「注意深く見守る」ことにしておこう・・。

______________________________________________________________________________________
(少し内容が飛びますが、以下が本文となります。)

最近は、日本アルプスの峰峰をトレイルランニングされる方も多いと聞きます。例え3000m級の山々であっても小屋泊まりで、小屋での補給を前提に計画するならば、軽装で済ませることができ、トレイルランニングアプローチも可能でしょう。もっとも、このスタイルは、山にある商業施設をフルに利用しようというもので、商業施設が完備されたルートであってこそなしえる芸当です。

こういうスタイルを是とするか、否とするかは、つまるところ、登山や、トレイルランニングは個人の趣味の問題であるので、個人の価値観次第でありましょう。そういうスタイルをやりたい人はやればいい、ただそれだけのことです。下の記事で書いたように、私は、無補給、ノンサポートを旨としているので、山小屋で食料調達をしながら進む登山スタイルは一切行いません。(10日も20日にも及ぶ登山ならばさすがに考えますが・・笑)

こんな風に考えると、コンビニに負けないくらいのサービスの良い山小屋や、自動販売機、24時間営業のお店、などなどのハード面が充実してきたからこそ、トランスジャパンが可能になったと考えることができそうです。昭和30年代や、40年代では、まず考えられないことでしょう。軍隊でいうならば、「兵站」が、整ったということですね。

トランスジャパンの記事を読む上で注意するべきは、如何に選手が、ルート上で「補給」を上手くしたかにあると思います。もっとも、補給というのは、私はこれだけのものを背負わずにルート上で買って食べましたという一種のネタばらしなので、プライドがある有名選手さんは、あまり公開しないかも知れません。でも、次回このレースに参戦しようという方が一番得るべき情報(行間から読み取るべき情報)は、このルート上の補給というたぶん名のある選手が一番公開したくない事柄です(微笑)。

お店で買い物をして補給をしても、ルートが歩きやすい夏山であっても、400キロ以上歩けるのはそれだけでも凄いと思いますから、プライドなんかどけてネタ晴らししてもいいと思うのですが・・。そんなこんなで、次回挑戦を考える方に、わたしが一読を薦めるのは、湯川選手の旅行記です。

トランスジャパン(TJAR)への幾つかの疑問

トランスジャパン(TJAR)への幾つかの疑問

補給について

このレースは、お盆休みの日本アルプスを舞台にして展開されたが、お盆休みの時期は、どのアルプスも登山者がピークを迎える時期であり、山小屋も一番開いている時期である。裏返せば、一年を通して一番、稜線での補給が容易な時期である。

レギュレーション上、小屋での補給について厳しい制約はない様であるが、(極論すると)小屋ごとに、何か飲み物そのほかの食料を調達して補給して先に進むというやり方を許しているのは、私には、このレースの厳しさをいくばくかスポイルしているような気がしてならない。

そういった風に、小屋ごとに何らかの食糧補給をして先に進む、その結果、背負う装備は軽量で済ませることが出来て、早足で歩けて一週間でゴールできるというのであるならば、このレースは謳い文句どおりに確かに距離こそ長いが、実態は「軽装、小屋頼み登山」の延長線上にあるのではないか?といった疑問がわいてくる。

確かに、400キロ以上の行程は、想像を絶しているが、街中で自販機を利用したり、コインランドリーを利用したり、ファミレスや何か深夜営業のお店を利用しても構わないというのは、何か自力本願ではない点で違和感を感じる。そういった現代的な商業施設がもしなかったら、このレースは成り立たないのかな?と感じる。

僕が普段入る山は、アルプスの3000m級ではないけれども、小屋はあまりない、閉鎖されている小屋も多いし、小屋があってもカップヌードルなど置いていないし、小屋の食堂でカレーライスを食べることも出来ない。期待できるのはせいぜい、湧き水があるぐらいだ。それだって、夏場は涸れてしまう事すらある。

また、東京の西にある山梨とを結ぶ国道411号線(青梅街道)で言えば、奥多摩駅から奥多摩湖、柳沢峠を越えて、塩山市に至る50キロほどの区間には、深夜営業のお店はない。コンビニもないし、当然ファミレスもない。せいぜい自販機が点在するのみである。

日本アルプスの山小屋は、あまたの日本の山小屋でもトップクラスの快適さを備えているように思う。今回のレースは、そんなそれこそ、山の中のコンビニとでも表現できるような便利な山小屋があってはじめて成り立つのかな?・・などと思ったりした。

また、街中に下ると、ファミレスや、コインランドリーがあるような、そういった賑やかな町を通過ルートに加えているのかな?とも考えた。

基本的なことであるが、山小屋に頼って縦走するのは、山小屋に頼らないで縦走するよりも容易なやり方である。
荷物だって、山小屋での補給を当てにしないとなると、食料を増やさなければならないし、炭酸飲料だって、山で飲みたいのならば持参しなければならない。
当然、そうなると、荷物重量が増える。5キロでは済まず、10キロ、15キロとなるだろう・・。

そうなると、もちろん歩みも遅くなる。
好天を捉えて、一気に駆け抜けるといった荒業も出来なくなる。

今回トップの選手が、どれほど、山小屋そのほかの既存施設を上手く利用したのかは不明であるが、自動販売機があってそれを利用することを前提にしてはじめて、軽装で速く駆け抜けることが出来た、というのは、あまり威張れた話では無いように思う。

こういったレースは、山小屋もあまりなく、あっても、カレーライスや、コーラなどまず購入できないような鄙びた山域で、そして、里に降りても、コンビニもないような田舎町を通過ルートとして行われるのが、本来的には、その名にふさわしいであろう。

追補

ご存知のように、日本山岳耐久レースは、ノンサポートで、無補給が基本である。これは、想定される状況が、アタックベースキャンプからの山頂往復であるので、基本的に、道中に必要なものはスタート時点で全部持たなければならない。
ヨーロッパアルプスや、ヒマラヤの山頂には、山小屋はないのだ(笑)。
私の頭は、日の出山でのトレーニングから、奥秩父の山や渓谷、日本アルプスでの登山に至るまで基本的に無補給を前提とする登山(山の中で必要になるものは水以外、全部持って入山する)を想定しており実際の登山も山小屋での補給は一切当てにしないようにしているが、これにはこういう理由があるのだ。

だから、山耐のアプローチ(無補給アプローチ)で、トランスジャパンをやっつけようとなると、相当な荷物となるだろう。
スタート地点から、デポ地の市野瀬まで、途中で補給してよいのは、山小屋や、水場で得られる天然水のみ!(コーラもダメ、真水のみオッケー、山小屋で食事するなど当然ダメ)だとしたら、おそらく、荷物重量は、軽く10キロを超えるだろう。

それでも、一週間で駿河湾までたどり着けるだろうか?

昔、ラインホルトメスナーが、モンスーン期のモンスーンが止むわずかの期間を利用して、豊富に積もった雪の上を歩いて単独で、エベレストを往復した。
それに似て今回のトランスジャパンは、天候が安定して、3000mの稜線での気温が高い時期、しかも山小屋が開いており、稜線での物資調達が、一年で一番確実な夏季、お盆の期間を利用して、山小屋での物資補給を大前提に開催されたが、・・何か他力本願のようでおかしいよね・・。

たとえば、開催時期を一月遅らせて9月としよう、そうなると、もう3000m級の山は秋の季節、稜線は氷点下に下がることもある。当然、山小屋だって、お盆の時期ほどには、開いていない。物資調達は著しく困難となる。もちろん、ビバーグもまたしかり、下手をすれば凍死してしまうほどに気温は下がる。

こんな風にちょっと考えると、今の時期に開催されて、山小屋、自販機、ファミレス、コンビニ等での調達を許しているレギュレーションでは思ったよりも容易な内実が見えてきます。

 

もっとも、400キロ以上歩行で移動することは、大変な困難であることに変わりはありませんが・・。

 

 

湯川朋彦君 鈴木基さん 飴本義一さん 伊藤奈緒さん 頑張れ!

マカニ・トモさんこと 湯川朋彦君の TJAR行動計画です。皆さん お知り合いの選手ともども彼の応援も宜しくお願いいたします。
私は、このレースに関しては、なにかと厳しいことを書いていますが、知り合いが出るとならば話は別であり(苦笑)、応援は惜しみません・・。
湯川さんは、もう二年も前から、このレースを念頭にいろいろ頑張ってきました。去年の高橋さんの事故のこともあり、コース上の彼の心中にはいろんなことが去来していると思います。

できればもちろん完走、それができなくとも、2年後への布石となるレース展開を期待しています。
2年後のレースには、奥多摩のあのTTRコースで育ったもっとたくさんの皆さんが参加しそうですね・・(笑)。

走る!飲む!読む!
以下、湯川君のブログより引用

赤文字は、彼が本番で行動しているタイムです。

先の裏TTRにご参加「のまダッシュ」さんこと、飴本義一さんのデータも加えました(青文字)。
つかのまダッシュ

裏TTRの立役者 鈴木基選手 や、同じくTTR-100つながりの 伊藤奈緒選手 のデータも加えたいのですが、全ルートを通じての情報が少ないので加えられません。
______________________________________________________________________________________

TJAR(行動予定)
ざっくりとですが、行動予定を。スタート以降は、時間が経過するごとに当てにならなくなると思いますが、長丁場なのでズレはあまり気にせず、ひとつひとつのCPを目標に進むつもりです。特に南アルプスに入ったとして、この通り動けるかどうかは、極めて怪しいです。

<8月9日(0日目)>

13:50 富山駅着→昼食

15:00 魚津着→休憩

22:00 ミラージュランド集合

<8月10日(1日目)>

TJAR(日本海~馬場島)

00:00 ミラージュランドスタート
湯川選手のレポート

04:00 馬場島

TJAR(馬場島~上高地)

09:30 剱岳

13:30 立山

龍王岳通過 14:30 湯川朋彦選手

17:00 五色ヶ原

21:30 スゴ乗越小屋(ビバーク予定)1日目clear!

<8月11日(2日目)>

04:00 スゴ乗越小屋(スタート)
湯川選手のレポート

06:30 薬師岳

07:45 太郎平小屋

11:30 黒部五郎小屋

14:00 双六小屋

18:00 槍ヶ岳山荘

17:20頃 槍ヶ岳山荘 17:25 槍ヶ岳山頂

22:30 上高地河童橋(第1関門・ビバーク予定)

23:38 河童橋10位通過 湯川朋彦選手 2日目clear!

飴本義一選手 18h 12m  6位通過

<8月12日(3日目)>

TJAR(上高地~木曽駒高原スキー場)

03:00 上高地(スタート)
湯川選手のレポート

07:00 奈川渡ダム

10:00 境峠

11:12 境峠通過

飴本義一選手 07h 00m 境峠通過

13:00 薮原駅

14:00 薮原駅通過

飴本義一選手 09h 30m 薮原駅通過

16:00 木曽駒高原スキー場(ビバーク予定)

17:34 木曽駒高原スキー場到着  3日目clear!

飴本義一選手 12h 50m 木曽駒高原スキー場に6位で到着

<8月13日(4日目)>

TJAR(木曽駒高原スキー場~菅の台)

00:00 木曽駒高原スキー場(スタート)
湯川選手のレポート

05:00 木曽駒ヶ岳

08:20頃 宝剣岳分岐通過 

11:30 空木岳

15:30 菅の台

17:29 菅ノ台通過

飴本義一選手 10h 25m  菅ノ台

TJAR(菅の台~市ノ瀬)

21:30 市野瀬(第2関門・デポ品受取・ビバーク予定)

飴本義一選手 17h 37m  市ノ瀬着

湯川選手 25:05 市ノ瀬着 4日目clear!

<8月14日(5日目)>

TJAR(市ノ瀬~三伏峠)

04:00 市野瀬(スタート)
湯川選手のレポート

湯川選手 05:38 市ノ瀬発

10:30 仙丈ケ岳

16:30 三峰岳

17:45 熊ノ平小屋
須田選手、鈴木選手、岩瀬選手、星野選手、に続いて湯川選手 18:15 過ぎに到着、同地にてビバーグ 翌日01h頃に全員熊の平を出発
湯川選手のレポート

21:30 北俣岳旧幕営地(ビバーク予定)5日目clear!

<8月15日(6日目)>

04:00 北俣岳旧幕営地(スタート)

05:00 塩見岳

07:30 三伏峠
07:15過ぎに 須田選手、岩瀬選手、星野選手、少し遅れて鈴木選手、湯川選手到着

TJAR(三伏峠~畑薙第一ダム)

14:00 荒川前岳
荒川岳まで5人一緒の行動

18:00 赤石岳

20:00 百間洞
湯川選手のレポート

23:00 兎岳手前(ビバーク予定)6日目clear!

<8月16日(7日目)>

04:00 兎岳手前(スタート)

06:30 前聖岳

08:30 聖平小屋

12:00 茶臼小屋

17:00 畑薙第一ダム
飴本義一選手 5d 22h 44m 畑薙ダム通過
18:03 湯川選手 畑薙ダム通過

TJAR(畑薙第一ダム~太平洋)

21:00 田代温泉あたり(ビバーク予定)7日目clear!

<8月17日(8日目)>

00:00 田代温泉あたり(スタート)

02:30 井川ダム

05:30 富士見峠
飴本義一選手 6d 05h 59m 富士見峠通過

16:30 静岡駅

18:00 大浜公園(ゴール)
飴本義一選手 6日間14時間35分でゴール
7日間17時間25分 湯川選手 ゴール 全ルート clear!!

湯川選手のレポート

書いていて、改めて長いなと思いますね。去年、かどさんとたどった、南アルプスには入りたいですね。意外と最後の上河内岳の登りがダラダラときつかったりしますが。

装備について、書く時間がなくなりました。取り立てて、変わったものは持っていません。いくつか、秘密兵器はありますが、ちょっとしたものです。現時点で乾燥重量5.5kg程です。もう少し減らしたいなと思っていますが、どうなりますか。悩んだ末、デジカメは持って行きます。通過時間の記録及び、長い旅で見かけたものを、後日ここでご紹介したいので。

レースと名が付いてはいますが、自分の中では「旅」という感覚で臨んでいます。そう考えれば、気持ちも楽になり、心に余裕も出ます。ゆるゆる頑張るのが、代々木RCらしさかなとも思います。

いずれにしても無事に帰るを第一に、旅を楽しんできます。続きは、TJAR公式ブログで!