Platoon  競技アスリートの「闘争心」について、


Adagio for Strings

この映画は、劇場で二回、数年後に五日市映画祭でもやるというので、普段は映画祭になんか行かないけれどその年はわざわざ出かけて観た。この映像を見ると、この映画の細部までいろいろと思い出します。

この映画を、いわゆる「反戦映画」として解釈する向きが多数だけれど、わたしはこの映画を反戦映画としては観なかった。中学校三年生のときに観たフランシス・コッポラの「地獄の黙示録」よりも、遥かにわたしに影響を与えた映画である。

85年の封切りだから、いま、30歳の人は、当時5歳とかなわけで、・・まさか観てはいないよね。
わたしの住む五日市の近くの福生には横田基地があって、子供心にもベトナム戦争というものを間近に感じていたのかもしれない。

______________________________________________________________________________

闘争心について、

レースに出ている人は、人一倍の闘争心を持っているように思う。
わたしも、闘争心は持っているけれど、山の中でひとと争うつもりはない。

街中と違って、山の中では、融和的にありたいといつも思っている。
だから、私は山の中で、闘争心をあらわにすることはしない。

兵士の闘争心と、アスリートの闘争心とは根本的に違うものだと思う。
前者は、生きるか死ぬかの状況で働く闘争心であるけれど、アスリートのそれはそうではない。

自分はというと、私はアスリートの経歴を持たず、アスリートではないので、レースという管理された場面でアスリートが見せる闘争心というものをあまり理解できない。

アスリート・・とりわけ市民アスリートがやっている「競争」というのは、「みんなで仲良く競い合いましょう」といったもの、つまりは、リクリエーションとしての「お遊び」だと感じているので、へそ曲がりの私などは、はなから真剣に取り組めない。・・眠くなってしまう・・苦笑。

その点、岩登りや、沢登りとなると、場面によっては、生きるか死ぬか、となるわけであり、いい加減な心持で取り組めない。こんな風に沢や、岩では、心が覚醒し非常にマジになって取り組むんだけれど、レースとなると、身の危険を感じないので、眠くなる・・。先に行きたい人はお先にどうぞ、わたしは後からゆっくり行きますので、といったところである。

そんな次第なので、僕の心は、レースというものを受け付けないのだと思う。
逆説的にいうならば、人為的なレースで、シリアスになれるのは、ある意味羨ましいといえるかも知れない。

◇ ◇ ◇ ◇

山で、あるいはいろいろな場面で、温厚に振舞う私に、彼ら、市民アスリートは、その「市民的な闘争心」をぶつけて来るわけだけれど、僕はいつも「負けるが勝ちよ」と、いうことで一歩身を引いている。

それに、いちいち張り合って居たんでは、頭が禿げるよ(ゲラゲラ)、まぁ一応、「能ある鷹は爪を隠す」、、ということにしておいて下さい(笑)。・・・お蔭様で、私は、今でも床屋に行ける身の上です(大笑い)。

(>男性諸君、週末にレースにばかり出ていると、男性ホルモンが出っぱなしになって、40代になって頭が禿げるよ!!^^;)

______________________________________________________________________________

追補1

レースに出ている人間は、わたしのようなレースに出ない人間のことを「不甲斐ない」やつだと感じているようだけれど、それは、根本的に間違っていて、わたしが「レースに出ない」のは、そういう大人のアソビが出来ないからである。・・そういう心理的な余裕がない。大人のアソビであるトレイルレースに出るぐらいでは、心の充足を得ない、要するに「楽しめない」のである。(一言で言うならば、「トレイルレースでは死に直面しないからである。」)

だから、トレイルレースなんていうものは、奥さんがいて、子供がいて、健康で、アソブための多少の小銭があって、なにか、楽しむことはないかな?・・なんていう連中にうってつけだということだ。暇がある中産階級の大人たちの趣味といえるだろう。そのよい例が、あの代々木RC・・である。

生きるか死ぬかを日々考えて、生死の現実に直面している生活を送っているような人間は、昨今流行のトレイルレースなんかには出ないということだ。

そういった心情を理解できずに、「トレイルレースに出ない人間は不甲斐ないやつだ」なんて考えるのは、それこそそういったトレイルランナーの「人間的な未熟さ、底の浅さ」を例証するものである。

Advertisements

Kommentare sind geschlossen.

%d Bloggern gefällt das: