新緑と山櫻

3月下旬から20日ばかりの間に、6回ほど三郎の岩道窪に通い、この土曜日にようやく自分なりのルートで大滝 F1を登った。登りきった滝の落ち口に立って、向かいの山腹を見ると、もう芽吹きの季節となってしまっていた。

これからの時期、戸倉の沢は、緑が濃くなり、昼なお暗い雰囲気となる。 うっとうしいブヨも出てきた。・・晩秋ぐらいまで、ここら辺の沢ともおさらばとなる。

もう3ヶ月近く多摩川水源の山々に出かけていない、こんど独りで気ままに出かけようと思っている。

知り合いに、ハセツネ30kの応援に来い!といわれている。
応援のほうは、青梅高水で行ったし、アドバイス的なものはもう、十分にあれこれ書いたから、よいのではないかなとは思う、もっとも、知り合いの顔を見るのもよいかもしれないが・・。

このレースが終わったら、しばらく Sub Eight のほうは更新しないでほうっておこう・・自分と向き合う静かな時期を過ごしたいものだ。

Advertisements

Kommentare sind geschlossen.

%d Bloggern gefällt das: