小室川谷遡行 2008年7月20日

「甲武相山の旅」 2008年7月20日 掲載記事

多摩川流域で大常木谷と双璧をなすのが、泉水谷にあるこの小室川谷であろう。ただ、あんまり印象には残っていないといった感じで、記事もごくアッサリしたものしか作成しなかった。exblogの当時の記事のままに、ここに移行させておきます。


S字峡手前付近にて


S字峡の最初の瀧、水量が少なかったのか、高巻きもせずに意外に簡単に抜けることが出来た。


石門の瀧 大きく高巻くルートもあるが、写真中央の残置シュリンゲを頼りにトラヴァースするのも面白い。ただし、ハーケンがぐらついている箇所、シュリンゲがかなり痛んでいるものもあるので要注意。


小室の淵、噂に聞くよりも緊張感、恐怖感がない穏やかな瀞でした。このあたりから澤の岩が滑りやすくなる。


三段30mなめ瀧、最上部には、しっかりとした残置シュリンゲがあり、少し期待はずれでした。


午後早くから霧が立ち込めてしまった。


稜線の風景 連休なので稜線には人がいるかなと思っていたが、風雨のために無人の稜線、野草保護のためのロープ柵がむなしい。 

______________________________________________________________________________

付記

蛇抜け沢から上流には見るべきものがないので、晴天でもない限り大菩薩の稜線まで澤を詰める価値は少ない。

遡行時間は当初、4時間から5時間を見込んでいたが、出合い0800、稜線1520で、7時間20分もかかってしまった。危険な沢の中では迅速な行動が望まれる。今回メンバーの中に悠長に瀧が出るたびにザックをおろして、デジカメで写真を撮るものがいた。自分の都合で、隊全体を遅らせて、他のメンバーを危険に晒すのは慎むべきである。

この澤に関しては、いろいろな紀行レポートがあがっているので、ここでの記事はこのくらいに抑えておきます。

Advertisements

Kommentare sind geschlossen.

%d Bloggern gefällt das: