最近また、走り始めました(笑

※ この記事ですが、タイトルを改めました。旧タイトルは「トレイルランニング復活です!」なのですが、ちょっと伝えたいことと題名が違いますね。

______________________________________________________________________________

私はレースには出ないスタンスですので、かっこいいレース用のウェアや一分一秒を縮める高機能のシューズといった品物にはお金をかけないんですが、その代わり運動のためには、時間と場所を慎重に選択するようにしています。

たとえば、自宅から大岳山や、馬頭刈山、そして日の出山の登山口に行くのにも、理想でしたら自宅から走って行けばよいのでしょうが(あるいは自転車で)、車で出かけることにしています。環境的には問題ですが、このほうが、往復の時間の無駄を省け、アクセスの過程で受ける不要なストレス(車や、歩行者など)を避けることが出来るからです(自転車の場合、交通事故も避けることが出来ます)。

5月の末あたりから週末、晴れたら10時間程度に及ぶ登山を計画していて(しかし、天気や、野暮用でいまだ実現せず)、そのための予行練習で、ここのところ毎日5~6キロのザックを背負って走るようにしています。ちょうど、ハセツネのレースのときのザックの重さですね。

私は、山を走るときは空身が基本なんですが、珍しく空身で走らずに、荷物を背負って走っているのも、歩荷トレーニングで歩くペースよりも若干早めに迅速に登りたいと考えているからです。(荷物慣れというわけです。)

ザックの中は、1.5リットルのペットボトル二本と、500mlのミニペットボトル二本、それとライト、替えのメガネ、電池、デジカメ+ザックの自重で5キロ500グラムほどですが、この一週間でかなり慣れてきました。本番では、これに弁当が加わります。

日曜日(6月6日)に、白倉ルートで大岳に久しぶりに登りましたが、このときは、新調した靴(ジャングルブーツ)が駄目駄目で、靴ズレが出来て困りました(ほとんど走れずに歩いて登りましてわれながら無様な姿でした・・笑)。

ここのところ、自転車のヒルクライムばかりやっていたので、山を走って下りのときの脚捌きや、脚の筋肉(太腿)や腹筋に不安があり、今集中的にそれを回復させています。

最近は、夕方は7時過ぎまで明るいので、日の出山にもライトなしで登れますね。
さて、週末は天気が悪いので、本番はナシ、ザックを担いで走ることにしましょう・・。

(・・と書きつつ、日曜日に大常木に出かけましたがね、笑)

Advertisements

Kommentare sind geschlossen.

%d Bloggern gefällt das: