石楠花

2009年10月11日から紅葉の山も、雪の山も、そして春のイワカガミも、イワウチワも今年は見られなかったが、
ようやく山に行けるようになった昨今、雪が融け一ヶ月ぶりに訪れた奥秩父の山では石楠花が迎えてくれた。

2010年5月22日 撮影

2009年10月11日からの、7ヶ月間にわたる壮大なプロジェクトも、ほぼ終了し、併せて、その間トレーニングを怠ったツケを払うべく、ここのところかなり追い込んでトレーニングしたため、若干、「疲れ」が出ている。私の場合、疲れはまず精神的な症状となって現れて、・・殺伐とした気分となり、多少のことでもイライラしがち、そして、ちょっとのことが気になって不安になる、といった精神状況が出たら「疲れ果てている」(注 要するに一触即発の状態)証拠である。

身体のほうはというと、左膝をかばって起きたり座ったり、・・次のステップとして、すこしでも体脂肪を落とすために軽い運動でもいいから身体を動かしたいところだが、街中のランニングは、精神的ストレスをますます増長させるし、膝が痛くて立ち漕ぎが出来ず自転車にも乗れず(特に、ヒルクライムがだめ)、・・さてどうしようか?といったところである。

まずは、この七ヶ月間の「不安」と、「膨大な労力」、「精神力の消耗」及び昼夜を問わずそれらを受け続けてきた精神的なストレスから来る「疲労」を回復したいと考える。(この七ヶ月間のおかげで、私の寿命は10年ぐらい削られた筈である・・。)

(「甲武相山の旅」 2010年5月15日掲載記事より引用)

Advertisements

Kommentare sind geschlossen.

%d Bloggern gefällt das: