レンゲショウマを求めての大沢山、三頭山、鶴峠の記録

※ この記事は、甲武相山の旅 にて、2005年9月17日に掲載した記事ですが、こちらに移します。元記事のほうは、削除いたしました。

レンゲショウマを求めての大沢山、三頭山、鶴峠の記録

はじめに・・今回の登山は、レンゲショウマの花期、植生など、事前知識として、komadoさん、takigoyamaさん、hillwalkerさん、かずさんのご教示を受けました。御礼申し上げます。また、hillwalkerさんには同行いただき、現場でアドバイスを受けました。ありがとうございます。また、今回も、“識者”takigoyamaさんを是非ともお誘いしたかったのですが、今週末は滝子山へ行かれると言うことで、残念ながら今回はご一緒できませんでした。また一緒に登りましょう。

_______________________________________________________________________________________

レンゲショウマという花を皆が騒ぐので、わたしも見に行きたくなった。一之瀬の石保土山や、奥秩父主脈の草原地帯ではついぞお目にかかったことがないので、今回は、確実にあると思われる三頭山で、この花を求めることになった。

実をいえば、わたし自身は三頭山あたりの山にはあまり興味がなく、今回も前日の晩には、岩岳尾根経由で、大常木林道へ行ったほうが面白いと計画を変更しようと思っていたくらいであった。でもまぁ、半日登山でこの花に会えるのならばと思い、またはじめて鶴峠方面に行ってみようとも思い結局出掛けることにした。

さて、小菅村の長作から三頭山には、①鶴峠からの一般ルート、②神楽入尾根ルート、③牛飼尾根ルート、④大長作沢ルート、⑤大茅尾根ルートと尾根筋だけでも5つあるが、どれもこれも、komadoさんはじめ先行者の足跡があって、面白味に欠ける・・。

わたしは気が短いので、登りはすんなり山頂にたどり着く直登ルートが好きである・・。直登ルートとしては④があるが、今回はこれをベースに適当に現場で、ルートを変更して歩けばよいと思った。

車は長作の公衆トイレとゲートボール場があるスペースの脇に停めて、大長作沢沿いの道をたどった。下調べがいい加減のせいか、どこをどう歩いても構わないと言う心のせいか大長作沢沿いの道から、支流の沢に分け入った。その支流には、ワサビ田が多くあり、それが尽きたときに尾根が登っていたので、そこを登ることにした。この尾根はかなりの急登、それでも30分も登って行くと、大茅尾根の1200m附近の分岐点(西原と、飯尾分岐)にでた。

今回の登山の面白みはこのあたりまでに尽きる。雰囲気的には、戸倉三山のような感じの沢、尾根筋の道である。大茅尾根のきちんとした道に出てしまえば、踏み跡も明瞭で迷うこともない。

大沢山からは三頭山山頂を経て、ノーマルルートを鶴峠に下った。山頂は、長谷川恒男カップのトレーニングと思われる男性幾人かと、夫婦連れ、年輩の男性の単独行が目立った。わたしは普段、人がいない山にばかり行くので、このように山頂に人がたくさんいるシーンは久しぶりである。皆さん黙りこくっているが、それはこの山が易しいからであろう・・。

さて、山頂から西の尾根筋では、5~6人のグループと一組の夫婦連れに出合ったのみであった。

お目当ての、レンゲショウマはこれ以降、一輪のみである。つまり、鶴峠からの①のルートにはあまりレンゲショウマはないようである。またレンゲショウマの自生地は標高1300m以上でなければ見られないようであった。

向山分岐から鶴峠に向かって広葉樹林帯を下る上部の雰囲気、奥多摩三山のどこにもない「美しい自然の森」である。レンゲショウマが目当てでなければ、このような山腹の森を楽しみに登ることになろうか・・。なお、鶴峠近い、下部は植林帯で、どこにでもある味気ない雰囲気が広がる。

0700 五日市発
0830 長作発
0930 支流の沢上部尾根取り付き
1030 大沢山
1100 三頭山中央峰
1230 鶴峠
1330 長作帰着
1500 五日市帰着

通常このルートは、三頭山西面の巻き道の原生林が売りで取り上げられている。今回、その巻き道はたどらなかったが、小焼山付近の大きな白ブナから大まかの感じは読みとれたように思った。三頭山の東京都側は、都民の森で荒らされ人が多すぎる嫌いがある。その点、この方面は静かな山が楽しめる。
しかし、概して、奥秩父の針葉樹の原生林を知る者にとっては、三頭山の広葉樹の原生林帯は、いささか物足りなかった・・。奥秩父の原生林帯には吸い込まれるような「魔力」があるが、ここにはそのような魅力はない。
紅葉の時は素晴らしいと聞くが、奥秩父の紅葉を知る者にとっては、山が浅すぎて物足りないであろう。

山は道を失うと死にかけるようなところがちょうど良い・・。そういう危険が与える緊張感が、わたしが登る山には必要である。唐松尾山はじめ、奥秩父の山と渓谷にはそういう危険がある、豊かな自然と引き替えに・・。

その点、このあたりの山は人に優しすぎて、気高さがない、柔和な、家族連れ、恋人同士、あるいは気の置けない仲間とわいわい騒いで登る「安全な山」である。
であるから、静かな山を求める場合には、早春、或いは晩秋の時期に、「散策」するのにいいかも知れない。

今度このルートをたどるのはいつになるか解らないが、またレンゲショウマを求めて来るのであろうか・・?少なくとも、今秋、ここに来る必要はなくなったように思った。

Advertisements

Kommentare sind geschlossen.

%d Bloggern gefällt das: