日の出山、BIKE +RUN

日の出町ヒルクライムミーティングがあと一月ちょっとで開催されるので、今日は、梅ノ木峠まで久しぶりに(自転車で)出かけてみようと言う気になった。(私はこのレースには出ないけれど、トレーニングのひとつである。)

ところが、スタート地点から、不動沢への分岐まで、16分もかかってしまい、ここでやる気をなくす(この区間、15分は余裕で切りたいところだ)。
さらに、不動沢分岐まで来て見ると、路肩に雪が出てきたので、梅ノ木峠行きはあきらめて、代わりに日の出山に駆け登ることに変更する。
少し上の、いつも車を止めているところに自転車を置いて、走り始める。
登り始めると、午後3時ごろなのであるが、結構な人数が降りてくる。
グループがほとんどなので、合計30人ほどはいたであろうか・・。

久保田さんのお宅の前の不動沢橋あたり(標高400m少し)から新道をルートにとり計測スタート、走りたいところだが、雪もかなり残っており、雪の上を足場を見つけながら歩き登る感じ。
駄目押しで、平井川の源(標高650m付近)では、雪で倒れた杉の木が、折り重なり、林道を塞いでいて、まともに走れる状況ではなかった。
走り始めは、足の登りの筋力が衰えているかなと感じ、山頂まで40分ぐらいかかるかなとも予想したが、意外にも、タイム的には、37分で山頂に着いた。

クロモ岩から上は、日照によりかなり雪が解けているが、それはそれで下山のハイカーたちによって踏まれ泥んこになっており、滑って走りにくい。

15時10分頃に山頂(902m)につく、今日はデジカメを持ってこなかったので写真はなし。四阿に5人ほどのパーティがいて、写真をお願いしますと乞われたので、集合写真を撮ってあげた。聞けば、日向和田方面に下山するのだそうだ。日向和田(吉野梅郷)はもう梅が盛りなのだろうか・・?しばらく出かけていないなぁと思う。
ほとんどのハイカーは温泉目当で、つるつる温泉方面に下山するが、のんびり日向和田方面に下山するのも楽しいことだろう。

さて、下山はクロモ岩分岐より旧道を下山する。旧道は新道ほど植林が倒れてはいなかったが、泥濘が激しい。
下りは登りほど違和感はなかった。足捌き、身体の柔軟性、問題になるところはない。

下りは結構飛ばして帰ることが出来た。

____________________________________________________________________________

バイク+ランで日の出山に登るのは、2ヶ月ぶりであるが、前回感じた登りの足捌きの「違和感」は、かなり消えた。

最近歩荷トレーニングをサボっているので、登りの筋力が衰えたかな?とも感じたが、タイム的には、雪がない前回のタイムが35分で、今回のタイム(雪あり、泥濘あり、倒木あり)が、37分だったので、同じコンディションならば、かなり短縮できているだろう。雪がない状況で、30分を切りたいところだ(ちなみにPBは24分30秒 雪がない状況でのタイム)。

クロモ岩から先の階段部分で、心拍を165ぐらいにあげても息切れもせずスムーズに身体が動くのは、・・このところ忙しさを口実にさほど運動してこなかったが・・、それでも欠かさず行っていた、数キロのランニングの賜物だろう。

さて、時間を見つけて、歩荷トレーニングに移行したいところだが、もう少し、フリーウェイトによる筋力トレーニングと、バイク+ランニングによる有酸素運動をこなして、減量と、身体を長時間の連続運動に慣らしてゆくことにしよう。

Advertisements

Kommentare sind geschlossen.

%d Bloggern gefällt das: