五日市会館一階ホールで行われていた「ブース貸し」が日本山岳耐久レースに及ぼす影響について、

事実関係

1 きわめて信頼できる情報筋によると、第17回日本山岳耐久レース開催期日において、同レース実行委員会は、大会会場の一部である五日市会館一階ホールをブースブースに区分けし、相当な対価と引き換えに業者、メーカー、販売店を相手に「ブース貸し」を行っていた。

2 情報によると、一区画の最低貸し出し価格は、25万円で、一階ホール全体では、500万円前後の収益を上げていたと推測されるとのこと。

3 これらの貸し出し行為が行われていた事実に関して、市所有の諸施設をレース実行委員会に貸し出したあきる野市の担当部署は、そういった対価を徴収してのブース貸し行為が行われていたこと自体を、把握していなかった。(担当職員は、主催者からブース貸し行為を行うことを事前に知らされてはいなかったし、貸し出すにあたり、そういった行為を行うことを許可してもいなかった。)

________________________________________________________________________________

法的評価

○あきる野市五日市会館条例
(目的外使用等の禁止)
第9条 使用者は、承認を受けた目的以外に会館を使用し、又はその権利を譲渡し、若しくは転貸してはならない。

五日市会館の一階ホールを部分部分に仕切って、それぞれ業者、メーカー、販売店に相当な対価を得て貸し出すというのは、「転貸」に当たる。
日本山岳耐久レース実行委員会が昨年度のレース期日におこなった上記行為は、第9条に違反する。

(使用の制限)
第3条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用を承認しないことができる。
(2) 営利を目的とするものであるとき。

五日市会館の一階ホールを各ブース最低25万円の対価で貸し出し、ホール全体では数百万円もの利益を上げていたとすれば、かかる行為は、「営利を目的とするもの」にほかならず、市長は、第3条により五日市会館の使用を承認しないことができる。

五日市中学校体育館、五日市小学校体育館、同校庭は、本来、市外の者(団体、個人)には貸し出さない規定があるところ、観光商業課の計らいで特別に市外の団体に例外的に貸し出している施設である(あきる野市体育課の職員さんの談)。

これら、五日市会館の貸し出し、五日市地域交流センターの貸し出し、のみならず、五日市中学校体育館、五日市小学校体育館、同校庭の貸し出しは、日本山岳耐久レース開催のためという同一目的のための貸し出しですべての施設の貸し出しは、極めて密接不可分な関係にある。

あきる野市が貸し出した施設の一部(五日市会館)で、条例違反行為が借主によって行われていた場合には、あきる野市は、当該五日市会館の貸し出しはもちろん、五日市地域交流センター、五日市中学校体育館、五日市小学校体育館、同校庭など日本山岳耐久レース開催に際してこれまで貸し出してきたすべての市所有施設の貸し出しを今後は拒むことができる筈である。

なぜならば、五日市中学校体育館、五日市小学校体育館、同校庭の貸し出しは市外の団体へのきわめて例外的な措置であり、また、五日市会館と、五日市地域交流センターを含むこれら諸施設は、日本山岳耐久レース開催のためという同一目的のための貸し出しであり、互いに極めて密接不可分の関係にあるからである。

あえて条例に根拠を求めるならば・・
第3条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用を承認しないことができる。
(2) 営利を目的とするものであるとき。
(5) 前各号に掲げるもののほか、使用を不適当と認めるとき。

この2号ないし5号に該当するだろう。

あきる野市の担当者に内緒で、極秘裏に転貸し、数百万の利益を上げているというのは、転貸という点で市条例9条違反であることはもちろん、営利を目的とする点で上記3条2号に該当し、さらには、あきる野市と、日本山岳耐久レース実行委員会との信頼関係を著しく損なう行為である。よって、上記3条5号にも該当するといえるだろう。

さらには、去年の使用期間は過ぎてしまったが、
(使用承認の取消し等)
第6条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用の承認を取り消し、又は使用を停止させることができる。
(1) この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。
(2) 使用の目的又は使用の条件に違反したとき。
(3) 前2号のほか、市長が必要と認めるとき。

この条例6条の趣旨を援用できるだろう。

________________________________________________________________________________

まとめ

つまり、ブース貸しの問題は単に五日市会館にとどまらず、同一目的で貸し出されているすべての貸し出し施設に影響するということ。

さらには、事態は単に去年の問題にとどまらず、過去においてそういった条例違反行為を行った借主に対しては、たとえ借主が、爾後、転貸行為や、営利行為を行わないと確約したとしても、あきる野市としては、今後の施設の貸し出しを一切拒絶することができるというわけである。

今年以降、これらの施設の貸し出しが市によって拒絶されたとき、あのレースは終焉を迎えるだろう。

(もちろん、小和田の青少年旅行村に会場を移して行うという手もあるが・・。)

________________________________________________________________________________

参考

あきる野市五日市会館条例

22日 理解の便宜のために補足的説明を数箇所付け足しました。

Advertisements

Kommentare sind geschlossen.

%d Bloggern gefällt das: