ハセツネの魅力 とは、何であったか?

公式掲示板にもすこし書きましたが、このレースの魅力は、エントリーの10000円払えばどなたでもレースに出て、走ってみることが出来た点にあると考えます。
その自由さが、魅力のひとつであり、このレースが存続し発展してきた理由のひとつでしょう。

主催の方々や、それにまつわるハセツネクラブのメンバー諸氏はそこのところを深く心に留め置くべきではないでしょうか?

あれこれ資格要件を設けて、クローズドな世界にするのは・・このレースの生命線を断つことにつながるでしょう。

・・言ってみれば、今までのハセツネは、インターネット上誰からもアクセスできるWebSiteであったけれど、最近のハセツネは、mixi のように特定少数のものしかアクセスできない仲間内のWebSiteになりつつあるようです。

参加者枠は、2000人に限られているのでそれでもよいのかもしれないですが・・その運営方針自体が、このレースの先細りを招き、またいろんな立場からの反対派にとって反対しやすいものとなることでしょう。

登山や、トレイルランニングは開かれたスポーツだと思い、ここでもいろんな情報を分け隔てることなく一般に公開しております。

ハセツネの指向するトレイルランニングが、仲間内の、クローズドなモノであるならば、それは私が理想とするところとは違うものだと考えます。

Advertisements

Kommentare sind geschlossen.

%d Bloggern gefällt das: