気ままにファイナルパーティ 

パーティに参加の皆様、どなたも記事をアップされていますので、私もおくればせながら・・アップします。
今回、多くのブロガーの方が参加されておられ、他の方の記事を拝見すると、それらをリンク付けて紹介するのがお約束になっているようですが、かなりめんどくさい作業ですので、その代わりに、今後こちらに恒久的にリンク表示ないしRSS表示させていただこうと思っています。 ご了解よろしくお願いいたします。

さて、

気ままにファイナルパーティに招待されたので、出かけてきました。

僕は、お酒を飲むのならコンビニでスーパードライ500mlを2本も買って、一人で飲めばそれで十分!
という性格ですので、あまり、パーティで皆と飲むのには、慣れておりません。
(私は某マカニ・トモさんのように美食家ではないので、お料理にはそれほど拘りませんし、アルコールも、銘柄とかにあまり興味はないです。)

それにアルコールが入ると、前頭葉がイカれて、思考能力(会話能力)がガタ落ちするのです(爆)。

ですので、皆で楽しむのなら、宴会よりも、一緒に山に登るほうが向いているようです。
(ゆっくりと歩きながら登る分にはいろいろ話すことが出来、会話も弾みますから・・。)

ところが、どういうわけか、今回幹事役のかげマルッツさんと、kurisukeさんが、心優しく気のいいヤツで、
私は3000円払わなくっていいから、ぜひ参加してくれ、
来い!来い!といいます。

たぶん、私が、去年、一昨年とどなたのパーティにも一切出なかったことを、不憫に思い(?)、温かい手を差し伸べてくれたのだと思っています。
(そもそも私はレースに出ないので、レース仲間から飲み会に誘われるということが本来的にありません。
奥多摩の山トピとは、別系統ですし、秋川流域に住んでいるので、多摩川流域の青梅の方々とも、正直言ってあまり親しくはありません。)

彼らの気持ちにほだされて、私もその気になり、重い腰を上げて、私の(数少ない)知り合いにも声をかけて、幾人かお誘いしたのですが、ちょうど東京女子マラソンの開催日や、11月でいろんなお祝いの日と重なったりで、数名の方が残念ながら来られませんでした。(是非次回は、いらしてください!)

奥宮さんもお誘いし、快く参加を了解してくださったので、彼が話の中心となり、とても盛り上がったよいパーティになったと思っています。(彼が来てくれるのならば、私などは、行かなくってもいいでしょ・・爆)

来年は、奥宮さんが優勝されて、ハセツネカップを脇に置いて、優勝祝賀会をかねたパーティを開きたいと思いました。

まぁ、もし優勝できなくても、こういった同じ趣味をもつ仲間同士が、いろいろ語り合って、気軽に彼とお話しをすることが出来る場を設けること、そんな機会を通じて、彼の人格を好きになるトレイル仲間が一人また一人と増えてゆくことは、単にハセツネで優勝することよりも、素晴らしくかけがえのないことであると思っています。

時間にルーズな私は集合時間に遅れるし、話しに夢中になるあまり、せっかくの機会なのに、あまりお話できなかったかたも数名いました(申し訳ございません)。・・あと1時間もあれば、参加の方全員とお話しできたかな?と思うとあっという間の4時間であり、そこがすこしだけ、心残りなところでもありました。

また、いずれお話しできる機会もありましょうし、私などよりも、奥宮さんとお話し出来る機会をなんとか設けることが出来たので、それで良しとしましょう。(パーティの主役は、彼と、かげマルッツさんですので・・私はいわば黒子役です。・・それでよいのです。)

でも、ご参加いただいた皆様ひとりひとりの温かいお気持ちを感じ、まるで学生時代に戻ったような、
楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

全員で17名ほど・・のメンバーとなりましたが、人数的にはちょうどよい人数であったと思います。
もし、30名もいらしていたら、きっとお話しをするのが大変でしたね(爆)。

ご参加の皆さま&今回、事情により参加できなかった皆様・・今後とも奥宮さんへの温かいご声援、
サポート活動をよろしくお願いいたします。

***************

さて、奥宮さんも、ブログで書かれていますが、今後は、こういった交流の場をトレイルランの形式でも行えると素晴らしいと思います。

やはり、彼の真骨頂は、走りにあるのですから、彼の人柄に触れるに最善な方法は、
走ったり歩いたりでの、実践的なトレイル実習会の形式にあると思っています。

とは言うものの、これからトレイルのシーズンオフとなり、
また来春には、幾つかの新しいレースが開催されるといううわさです。

なかなか、そういう時間を作ることが出来るか? 難しいところですね。
さて、どうなることやら・・。

***************

振り返って、上にも書きましたが、秋川流域に住み、山ひとつ離れた青梅、八王子の方々と全くと言っていいほど
面識がない身の上ですが、

その代わりに、地縁を超えたつながりを得ることが出来たものと考えています。
地元にトレイル関係の知り合いがいないということは、仲間や、引っ張りあげてくれる先輩にあたる存在がいない点で、
不利ですが、その代わりに流域や地縁を超えて、知り合いを得る機会に恵まれました。

いまでは、逆に、地縁や、引っ張りあげる先輩がいないからこそ、
これまで何とかひとりでやって来れたものと考えています。

そういった人間関係は、助けにもなりますが、人を弱くさせるものでもありますから・・。

今回、また地縁を超えた知り合いが大勢出来、うれしい限りです。

最後に、幹事の かげマルッツさんと、kurisukeさん に感謝したいと思っています。
それと、言うまでもないことですが、奥宮さんに 深い感謝と、 最大のエールを、贈らせていただきます。

Advertisements

8 Responses to 気ままにファイナルパーティ 

  1. あー、僕は美食家ではないと思いますよ。食べたい物を気ままに作っているだけなので。ワインも普段は1000円前後ですしね。
    しかし、参加したかったですよ~。
    プチ・ハセツネよりも、来年の春あるいは初夏あたりには、熊野古道に行こうかと思っています。ルート、検討中です。

  2. silvaplauna says:

    おや? そうなのですか???
    (ではそういうことにしておきませう)

    私はてっきり、雨だし、(文句言いの)峰さんがくるんじゃぁ面白くないし・・とかお思いになって、キャンセルされたのかな?と
    勝手に思っていました(爆)

    けっこう、みなさん楽しまれて満足されたようで、
    よかったなぁと思っています。

    熊野古道は、奥が深そうですね。
    ルートもいろいろありそうで、数回通わないとクリアできないかもしれません。

    もっとも、行者道ですから、一回通えばそれでオッケーというものではないのでしょうね、修行の道でしょうから、生涯続くのかもしれません・・。

    では、次回のパーティには是非、他の用事は全部キャンセルして、いらしてくださるようお願い申し上げます。

    さもないと、貴兄は、カラビナのお店>奥宮さんの筋トレ講座 の価値基準を持っているんだ!某遊具大全の方が邪推なさるかもしれませんよ(爆)

    プチ・ハセツネに出て完走しないと、秋の本番には出られないのかもしれませんね。・・となると、もう山耐は、卒業!という方も、一人二人ではないようです。

  3. かげマルッ says:

    すみません。トモさん欠席の理由は私しか知らず皆さんに報告していませんでした。ご本人の都合ではなくお子さんと一緒される予定でしたが,お子さんが風邪気味で大事をとられたまでです。

    さて,今回の人選は半ば峰さんがされたようなもので素敵な会になったのも峰さんのおかげです。ありがとうございました。会費は幹事2人で負担しましたが,それはこれまで山耐に向けて記事や現地でアドバイスや応援していただいた御礼ですので気にされないでください。

    私は少々進行役を務め主役にはならないようになるべく目立たないようにしていましたが,ダメでしたかね~

    それはさておき,おくのみやさんを招いた実践講習会は是非企画したいです。その際には峰さんも参加してくださいね。

  4. silvaplauna says:

    かげマルッツさん こんばんは!幹事の大役お疲れ様でした。かげマルッツさんの卒業パーティでもありましたので、もっともっと目立ってもよかったのではないかな?と思っています。

    マカニさんの件・・そうでしたか、私はてっきり、トランスジャパンつながりで某田中正人氏の手前、ご遠慮なされたのでは?と邪推しておりましたよ(微笑)。

    ご存知の通り、わたしはめんどくさがり屋ですので、とても幹事などは務まりません・・。
    もし私が幹事でしたら、多分、あれこれそっちのけでやることになりましょうが、それでは、日常生活が立ち行かなくなります・・。

    やはり、こういうことをサラサラっとこなせる、お二人はまさに適任でした(拍手喝さい)。

    実践講習会は素晴らしいアイデアだと思います。一回こっきりではなく、ぜひ、年間を通じて、場所も、山も変えて、何回か行って欲しいなと思っています(勝手なお願い!)。

    もちろんその講習会では、よきサブリーダー(?)として、みんなに的確なアドバイスをなさるのがかげマルッツさんの大役ですので、そのときは、是非是非、厳しいアドバイザーとして(?)目立ちまくってください。

    ・・となると、やはり、今後、幹事は、かげマルッツさんと、kurisukeさん、suuさん、ゆぅさん、マカニさん 以下、先のパーティの面々がかわりばんこに協力し合ってとなりましょうか・・。

    講習会へのお誘いもありがとうございます・・。私は目下、筋力アップ中で、体重を増やしております。
    皆さんと一緒に山を走るには、ちょっと減量する必要があるようですね(笑)。

  5. suu says:

    silvaplaunaさんこんばんわ。
    先日のパーティーではお疲れ様でした!
    横の座っていたおかげで真っ先にお話できてよかったです。
    今度お会いしたら、また山のこといろいろ聞いてしまうでしょうが、
    どうかよろしくです~。
    これからもブログ楽しみにしております。

  6. いろいろお話できて刺激になりました。
    ハセツネもほぼ検証しつくした感があるかと思っていた所に、
    ハセツネ30という新たなネタが投入されましたので、
    またお世話になりそうです(笑)(え?したくない?笑)

  7. silvaplauna says:

    suuさん
    パーティお疲れさまでした!!

    火星人さんは、いろいろいいルートをご存知ですので、
    是非、ご夫婦揃って火星人さんと一緒の登山も面白いでしょう。

    で、火星人さんのルートで物足りなくなりましたら、私がお連れしますよ。

    火星人さんとsuuさんは、gooブログなのですが、ここと相性が悪いのかうまくrssが表示されなくて申し訳ないです。

    奥様にも宜しくおつたえください。奥様の脚が、完治されたらレースで抜かされないように頑張らないといけませんね(笑)。

  8. silvaplauna says:

    ランブラーさん こんにちは!!私も、お会いできて嬉しかったです。

    ハセツネ30のルートとしては、あの写真の場所をあの方向(刈寄への登りとして)に使うのでしたら、一応、「紅葉の市道、刈寄 23キロ」のルートが考えられます。

    でも・・私がもしルートを作るのでしたら、「戸倉の城山→臼杵山→市道山→刈寄→今熊→五日市のルート(戸倉三山周回ルート)」を作ると思います。この方が、トレイルとしては遥かに面白いからです。

    ただ、一人、二人で走るのならともかく、1000人近くでレースをやるとなると、このルートでは、渋滞ばかり発生しそうですね(苦笑)。

    「紅葉の市道、刈寄 23キロ」のルートは、(われながらかなり)わざとらしいルートになります。舗装された林道を2箇所も使って・・普通の登山でしたらあのようなルートは、まず使いません。

    さてさて、どうでしょうか・・。

%d Bloggern gefällt das: