下りの研究(五 完) grip走行、極限的な着地点を求めて・・。

いままで登山をやっていた方がトレイルランニングをはじめると「とても楽しい!」と感じるのではないだろうか?、マラソンランナーからトレイルに入った方よりも登山者出身のトレイルランナーのほうがトレイルランニングの自由感(重荷からの開放と、一日で進める距離が既成の「日帰り登山」の距離概念を打ち破っています。)を享受できるのだと思う。

5キロ以内の軽装備&トレイルシューズ&CW-Xのような機能性のウェア
・・こういった武器で、

①転がりやすい岩ルート
②ぬかるみのルート
③障害物ばかりのルート

こんな状況であっても通常の登山では考えられないようなところに足がかり(グリップ)を求めることが出来る。

重荷では、

「バーカ!そんなところ危なっかしくって歩けねーよ!」

なんていうところも、なんなく走りきれることになります。

軽装、でしかも重心の左右移動が少ない直線的な下降、しかも「高速」
逆説的ですが、この高速であることがゆえに・・「安定性」をえられます。

私が前提としているのはgrip走行なのですが、その究極のテーマは「極限的な着地点を求めて・・。」となります。


「使える」着地点を瞬時に見出して、そこに足がかり(ホールド)を求める。
使えるか?そうでないか、は「経験」と「感」が頼りになります。
経験が豊富ならば、瞬時に状況判断が出来る筈です。

その場合の若干の留意点です。箇条書きにしておきます。

①動体視力の重要性

②いくぶんの前傾姿勢・・腰が引けていないこと

③頭は進行方向へ・・顔が向いているほうに身体が進む

ハセツネルートから離れますが、奥多摩通に馴染みの雲取山頂直下のところも、直下降がベストです。雪道なら、直下降が自由にできるのですが、もし山野草が咲いている場合は、すこしルートを逸らしましょう。

(上二枚の写真は、山仲間shimadaさんのところから拝借しました。)

小雲取山直下も、登山道は、写真のようにジクザクにありますが、トレイルランニング的には、赤線のように下降するのが正解です。(たとえ、自然破壊だ!登山道破壊だ!となじられようとも・・。) これが、もしレースでしたら、なおさらです。
もっとも、写真のブッシュの部分は、ジャンプしてクリアできそうですね。

Advertisements

Kommentare sind geschlossen.

%d Bloggern gefällt das: