グリップ走法 下り~拇指球ラインでの着地

トレイルランニングでは、いかに早く駆け下りるかがひとつのテーマとなっているようです。

どこかの掲示板で、下りのポイントは、「体の重心を上下させずに、重力に従って下り、足は当ててゆく感じ。」という記事がありましたが、私はちょっと違うと思います。

ニュアンスの問題とは思いますが、「当ててゆく感じ」・・ではダメでしょう、しっかりと足裏で接地感を確認しつつ、一歩一歩しっかりグリップして下る、ほうがよいと思います。

解りやすいように「着地衝撃」を考えましょう。

着地衝撃は、くるぶし→膝→大腿関節→腰骨の順に伝わって、上半身と下半身が、腹筋によって、連結され、腹筋で吸収されます。(最終的には、胸の辺りにまで着地衝撃の振動がきますが、これは余りものと考えます。また、腹筋のほかに背筋も大切と思いますが、ここでは解りやすく腹筋に絞ります。)

着地衝撃を腹筋で確実に吸収するには、着地点を支点として、確実に踏みしめることが必要になります。そして私はこれを着地するほうの足の拇指球ラインで確実に着地することによって行っております。

試しに、「当ててゆく」走法・・バタバタ足を地面に当ててゆく感じで下ったことがありますが、バタバタ着地では、腹筋で、着地衝撃を上手に吸収できず、衝撃が上半身にまで及び、上半身に無駄な上下動が生じてしまいました。

着地衝撃を、腹筋で上手に吸収するには、バタバタ走法ではなくって、一歩一歩の接地感を足裏の拇指球ラインで確認しながら下るグリップ走法がよいと思います。そうすると、上下動が少なくなり、下りの傾斜に沿った、スムーズな流れで下れるはずです。

トレイルランニング以外の普通のランニングでも、腹筋を鍛える重要性が多く唱えられておりますが、そうやって鍛えた腹筋も、グリップ着地があってこそ初めて生きてくる(腹筋を鍛えた甲斐がある)ように思います。
バタバタ当ててゆく着地走法では、せっかく腹筋を鍛えても、腹筋によって着地衝撃を吸収できないものと考えます。

まとめますと、上半身の無駄な動きを抑えるためには、腹筋を鍛えることが必要ですが、その鍛えた腹筋を生かすためには、着地衝撃を確実に腹筋に伝え、吸収することが出来るように、グリップ走法が重要だと思います。

Advertisements

Kommentare sind geschlossen.

%d Bloggern gefällt das: