装備 ライト関係

この記事も更新です、以前は下(____ より下 )のように書きましたが、最近はもっぱらLEDライトしか使わないので、更新させていただきます。

サブ10狙いの場合
装備の軽量化という見地からも、
superfire 301 を 2本 持てば十分でしょう。これで基本的に6時間照射できます。
6時間もてばゴールしているはずですので、これで十分です。(途中で、足が攣ったりして、6時間のタイムオーバーとなったときには、電池が切れますのであしからずです・・苦笑い!)

サブ12狙いの場合
superfire 301 を 2本+予備電池
あるいは、新型の、より長い連続照射時間を持ったライトを2本持てば十分でしょう。

サブ15狙い&それ以上の場合・・
夜間行動時間が、10時間以上になりますので、軽量で、光量調整機能がついている品物で、最低でも、連続照射時間5時間以上のものを選べばよいと思います。superfire 301では、電池を3回以上交換しなければならなくなりますので、ちょっと疲れちゃいますね。いかに軽量でも、電池交換の世話が焼けるというのは、イライラしてよろしくありません。ましてやレース中ですし・・。

例えば・・GENTOS社で選びますと・・。

SF-307N・・・301と同じ明るさ(3W)で、アルカリ単二電池が使える(3本)。これだと、明るさを調整できて、連続点灯しても、ハセツネを十分にカバーできます。
実際普段これを使っておりますが、今年の春先に購入して、まだ最初に入れた電池を使っております。
実用性能には申し分がありません。

あえて言うと、superfire301に比べて相当重いので、これを二本もって(一本は予備)山にはいるにしてはいささか重過ぎるようです。もうすこし、これよりも軽量なものがお勧めですね・・。アルカリ単二電池3本では重いので、2本使用の品物が良いようです。

______________________________________________________________________________________
( 以前の記事も消さずに簡略化して残しておきます。 )

メイン 単一電池二個使用のL型ライト(予備電球内蔵型)

サブ 予備電池代わりとして、単三電池二個使用のマグライトひとつ(予備電球内蔵)

☆ライトはこまめに消して30分以上つけっ放しにしないこと。理想は、10分点灯したら数分消す。

☆サブのライト代わりに、単一乾電池を一個(もしくは二個)持ってゆく、こともあり。仮にABC三つの電池の場合 ABで2時間 ACで2時間 BCで2時間 ABで2時間と交互に使ってゆけば、予備電池はひとつで足りる。
(予備電池2個持っていっても、2時間ないし3時間ごとに交換するべき)

☆ライトスティツク(折ると液剤が混ざって発光するもの)を持って行ってもよい。

Advertisements

Kommentare sind geschlossen.

%d Bloggern gefällt das: